日記

日々の日記を毎日更新しています。

野球をしたことがないのに野球漫画を読んでいた話(後編)

 

どうも、富士山隊長です。

 

 

野球っていいですね。

後編を書きます。

 

興味ある方は、前編は、こちら。

www.fujiyamablog.com

 

~~ダイジェスト~~~~~~~

高校野球っていいですね

~~~~~~~~~~~~~~~

 

まず、読んでいた野球漫画は、

 

王道です。

 

巨人の星

 

わかりますかね?

もちろん、ダイヤのAとかメジャーとか、

ラストイニング、おおきく振りかぶって、H2、タッチ、MIXなど

いろいろあると思いますが、ぼくにとって原点かもしれないです。

 

巨人軍のプロ野球選手を目指す親子の物語ですかね。

 

主人公飛雄馬のお姉ちゃんの星明子が、

「大リーグボール養成ギブス」をつけた飛雄馬

をかげながら見ているとか、

 

f:id:taicho-fujiyama:20180318152028p:plain

 

主人公の父親の星一徹が、

ちゃぶ台返しをするくらい

じゃないでしょうか?

 

ぼくは、そんなイメージしかなく、

飛雄馬が巨人軍に入る前までしか知りませんでしたが、

 

そこからが面白くなりました。

 

ライバルとの対決、

 

挫折から乗り越える経験。

 

親子対決。

 

涙ものです。

 

魔球があるんですが、

大リーグボールも3号までありました。

いろいろ思いつくもんですね。

 

さいごはまさかの展開です。

そんな名作を是非。

 

ちなみに、週刊少年マガジンですね。

 

 

そして、もう一つは、

 

キャプテン

 

いま、グラゼニの著者が、

続編も書いています。

 

この漫画は、

たくさんの想いを引き継いで、

4世代分の野球漫画なんです。

 

 

初代キャプテンは、野球の名門中学に入っていましたが、

とても野球が下手でした。

 

ただ、野球が好きだったので、

そんなに強くない、野球部のある中学に転校して、

レギュラーになるために頑張ります。

 

転校先では、そんな主人公に期待されて、

その期待に努力で答えて名門校を倒していく、

情熱的な漫画です。

 

よなよな、父親と練習に励みコソ練で上手くなっていくんです。

かっこいい!

 

それを見た後輩たちが、そのキャプテンの本気度合いに

影響を受けて、どんどん強くなっていくんです。

 

まさに、努力によって身につけた魅力を学ぶことができました。

 

サッカーでいうジャイアントキリング的な、

面白さでした。

 

チームワークで勝つことや努力で下克上することが

面白い方にはおすすめです。

 

 

キャプテン 文庫全15巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)

 

 

 若い日は、みんな何かを目指せ秘めた力自分じゃわからないよ♪

 

という感じのオープニングテーマもあるので聴きたい方はこちらもどうぞ。

 

君は何かができる(映画『キャプテン』)

君は何かができる(映画『キャプテン』)

  • メロジー製作所
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

今日も読んでいいただきありがとうございました。記事がよかったら、ブックマークをポチッ。
ランキングに参加してるので応援ボタンをポチッとしてもらえると、記事が面白くなるように頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング