日記

日々の日記を毎日更新しています。

モテるために、ぼくなりにやったこと2

どうしてもモテたかったのでがんばったこと。

第2段です。

 

興味ある方はこちらもどうぞ。

www.fujiyamablog.com

 

~ダイジェスト~~~~

痩せて、彼女ができました

~~~~~~~~~~~

 

そう、彼女ができたのもつかのま。

素晴らしい家系の彼女の彼氏として、困ったことが起きたんです。

 

それは、周りにいる、

駅でうんこ座りしている方々に目をつけられてしまったんです。

 

ちょっと有名な女の子だったみたいです。

 

うんこ「ヤツがあの女の彼氏らしいぞ」

 

うんこ2「まじでー?ダサくない?なんであんなやつが?アニキ!メッタメタにしてやりやしょう!」

 

大きなうんこ「まぁ、まて。まずは、様子を見ようじゃないか。ヤツの出方によっては、こっちもただじゃぁすまないかもしれない。これは、おれらとアイツの戦いじゃない。世界の運命をかけた戦いになるやもしれん。」

 

なんて、つぶやかれていたに違いありません。

 

もし、この時代にTwitterがあれば、

1000000リツイートはされるでしょう。

 

そして、ぼくは考えたんです。

 

地方の雑誌を読みあさって、

何か強くなれないかなと。

 

見つけました。

 

それは、空手とテコンドーの道場のお知らせでした。

 

ぼくは、悩んだあげく、

 

ぼく「カタカナの方がかっこよくね?」

 

ってことで、テコンドーを始めたんです。

 

ま、ちょっとかじったくらいじゃ強くなれないですよね。

 

週に一回程度で、簡単な運動みたい感じでした。

 

ただ、そんなさなか、彼女と別れ、

別の例の人と付き合うことになり(※)

東京の大学に進学することになったんです。

彼女は、京都の大学だったので遠距離恋愛でした。

 

※この話はこれです

www.fujiyamablog.com

 

 

あ、学力も落ちこぼれだったのですが、

大学進学を果たしたエピソードもあるのでどこかで書こうと思います。

 

東京の大学に来て、

ぼくは学生デビューを果たすべく、

髪を伸ばし、金髪にしていました。

 

夢にまで見たキャンパスライフです。

 

そして、どのサークルに入ろうか、

いろんなサークルを見学に行っていました。

 

まずは、軽音楽部に入りました。

親が音楽やっているのもあって、バンドにあこがれてましたからね。

 

それと、運動もしたかったので、

中学のころにやっていた卓球部を見に行きました。

たまたま、そこにいた先輩とうまく話せず、

隣の道場でやっていたテコンドー部を見に行きました。

 

そしたら、みんなごつい人ばかりで、

ぼくには無理かなと思ってました。

 

f:id:taicho-fujiyama:20180226235140p:plain

 

ただ、すごく先輩がよくしてくれて、

高校の時に少しかじっていたので、

やってみてもいいかなと気軽な感じで入部したんです。

 

そしたらですよ、なんと

 

そのぼくが入部したテコンドー部は、

世界大会、全国大会常連校で、

 

世界レベルの部活だったんです。

 

つづく

 

 

今日のエンディングテーマは。

世界が終るまでは…

世界が終るまでは…

  • WANDS
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

記事がよかったら、ブックマークをぽちっ。
ランキングに参加してるので応援ボタンをポチッとしてもらえると、記事が面白くなるように頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング