日記

日々の日記を毎日更新しています。

お花見について考えたらニワトリになった話

今週のお題「お花見」

 

どうも、富士山隊長です。

 

 

お花見か~。

 

 

正直、お花見に全く興味がないんです。

 

 

ね?どんまいでしょ?

 

 

ただ、今年も、お花見の季節がやってきたということは、

 

誰かがお花見会なるものを開催するでしょう。

 

 

そこにぼくも行くという、他力本願でございます。

 

 

ちなみに、どうして、

花見が好まれるようになったんでしょうか?

 

家からどこかへ出かけるときに、

 

毎日、「花」をみてるんじゃないでしょうか?

 

そんな、あなたは毎日花見をしてることにはならないんですかね?

 

 

こんなことをいうと、

 

 

「サクラのきれいさをお前はわかっていない」

 

「満開の桜を見てから物事を言いなさい」

 

「この時期だからいいんじゃないか」

 

「女の子とのきっかけをつくれるぞ」

 

 

なんて声が聞こえてきそうです。

 

 

ちなみに、

道端のコンクリートに雑草のように足で踏まれた花をみたということで、

 

 

お花見リターンズ

~お前は何回踏まれてもきれいに咲く~

 

 

とか、

 

 

雨の中に咲いている紫陽花なんかを見て、

 

 

お花見雨の陣

~雨が降って元気になったろ?お前の本領発揮はここからだ~

 

 

とか、

 

 

太陽に向いている、向日葵の花なんか見て、

 

お花見一直線

~太陽にほえろ、ただ一点を見つめるお前が好きだ~

 

 

だめですか?

 

 

・・・

 

 

うん、だめですね。

 

 

というか、

 

 

 

品がなさすぎますね。

 

 

 

ちょっとだけ、お花見の歴史なんて調べてみました。

 

 

古くは、平安時代にさかのぼるそうです。

 

作庭記(さくていき)という日本最古の庭園書に、桜のお花見が記載されているそうです。

 

日本の伝統文化なんですね。

 

そして、桜は、庭造りの定番になったとか。

 

いやー、面白いですね。

 

 

 

あ、

 

 

 

ちなみに、

昔に前世喫茶に行ったことがあるんです。

 

 

そしたら、ぼくの前世は、

 

 

庭師

 

 

だったそうです。

 

 

 

庭園をつくっていたそうですが、

花見でこんなことを語っちゃうぼくって、

どんな庭師だったんでしょうね。

 

 

ぼく「庭に二羽ニワトリがいるぜ」

 

弟子的な人「庭師富士山様!どうなさいました!」

 

ぼく「このダジャレおもろくない~?」

 

弟子的な人「まじ死ね」

 

ぼく「庭に桜なんかどうかしてるぜ。ニワトリが庭にいた方が、よっぽど絵になる。よし、この庭をニワトリでいっぱいにしてやるんだ。みんなびっくりするぞ。」

 

弟子的な人「やめてください。動物臭くなって仕事こなくなりますよ。そういえば、富士山様の投げキッスは、何でも相手の姿を変えることができるという、ウワサのキッスじゃないですか!そいつで、桜の形に変えてみてはどうでしょうか?飛んでるときにいっきにやっちゃいましょう!」

 

ぼく「その手があった!イェイイェイ!情熱キッスでその胸に火をつけてやる~」

 

こうして、胸に火をともされたニワトリたちは、ハート型のムネ肉として焼かれ、今も桜のように舞っているのだとか、いないとか。 

 

f:id:taicho-fujiyama:20180322175153p:plain

 

そんな今日は、こんな曲を聴きながら。

桜

  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

リクエストあったので載せました♪


TOKIO - うわさのキッス

今日も読んでいいただきありがとうございました。記事がよかったら、ブックマークをポチッ。
ランキングに参加してるので応援ボタンをポチッとしてもらえると、記事が面白くなるように頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング