日記

日々の日記を毎日更新しています。

表彰されたこと1

今週のお題「表彰状」

 

表彰の経験を思い出してみた。

 

ぼくの小さい頃は、いろんなおもちゃが流行っていたと思う。

 

たまごっち、ミニ四駆ハイパーヨーヨーポケモンとかですかね。

 

そのころ、コギャルやらもたくさんいて、

テレビでは、ボキャブラ天国でパイレーツが「だっちゅーの」を

くりだしていました。

 

当時は、何が面白いんだと思っていましたが、

今思えば、ガン見しておけばよかったです。

 

そんな、小学校の時に表彰されたこと。

 

それは、

 

 

ミニ四駆

 

 

です。

 

 

幼稚園の頃から、プラモデルをつくることが好きで、

おじさんはみんな知ってるよね?

 

「キャラカーン」とかあつめてましたね。

 

f:id:taicho-fujiyama:20180216163914p:plain

はい、もうおなじみの芸術的なイラストですね。

ジュースの上にプラモデルが入っているという、

画期的な飲み物です。

 

 

そんなぼくは、当時、コロコロコミックに連載されいた

「爆走兄弟レッツ&ゴー」の影響もあり、ミニ四駆にはまっていました。

 

マシンは、「トライダガーX」

 

f:id:taicho-fujiyama:20180216164505p:plain

 

なんか、「X」って書いてあって、「炎」があった気がします。

 

そんなぼくの友達(マシン)と近くの玉屋の大会に出てみることにしたんです。

 

ぼくのマシンは、贅沢仕様。

めっちゃいい、ローラーつけて、モーターつけて、

毎試合、新しい電池を使ってた気がします。

 

そして、大会当日、

そんな贅沢マシンでしたが、なんと、

当日にローラーが1つなくなってしまったんです。

 

急遽、お店を探し回っても、

いいローラーなのでなかなかありません。

 

なので、付属品のローラーででることになったんです。

 

ちょっと、ブルーな気持ちで、

試合に臨みましたが、あれよあれよと勝ち進むわけです。

 

 

ぼく「いけー、ぼくの贅沢マシン!」

 

大会参加者「くそー、おぼえてやがれ」

 

って感じですよね。

 

 

なんで、こんなに勝ってるのかって?

 

ぼくが、周りの参加者の、パーツや電池やモーターを、

チラ見しまくって、

 

違反なパーツを、親にちくって、大会関係者に言いまくってましたからね。

 

ひどい話ですね。

 

そして、決勝。

 

決勝の相手は、いかにも強そうなデブ。

マシンは、スマートでしたね。

 

結果は、相手のコースアウト負け。

 

ぼくは、優勝していました。

メダルとTシャツもらいましたが、シャツは一回も来たことありません。

家に飾ってあったと思います。

 

その帰り、ぼくは父親に、

ローラーが違ったから、それでバランスがとれたんだ!

と鼻高々に話していたと思います。

 

そんなときも、両親は温かく見守ってましたね。

 

いい両親です。

 

反抗期の話もどこかで書こうかな。

ぼくが、母親と喧嘩したら、父親がぼくから母親を守った話とか。

 

生きてたら、いろいろありますね。

 

 

あ、言い忘れてました。

 

そのマシンつくったのは、

父親なんですけどね。

 

そんな今日は、こんな曲を聴きながら。

JUST COMMUNICATION

JUST COMMUNICATION

  • provided courtesy of iTunes

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング