日記

日々の日記を毎日更新しています。

モテるために、ぼくなりに勉強したこと

そうです。ついに解禁するときが来たのです。

 

ぼくがどうしてこんなにモテるようになったのかを。

 

こいつは、何を言ってるんだ。

どんだけ、自分勘違いしてるの。

ばか。

うんこ。

 

という声を無視してみようと思います。

 

何をやったのかというと、

 

別冊マーガレットを研究しました

別冊マーガレット 2018年 03 月号 [雑誌]

別冊マーガレット 2018年 03 月号 [雑誌]

 

 

大学時代、友達と話してたんですよ。

 

ぼく「まじでモテたいよね」

 

友達「お前が生きてる間は無理だよ」

 

ぼく「キビシー」

 

f:id:taicho-fujiyama:20180225020854p:plain

こんなギャグありましたね。

 

という展開だったので、聞いてみたんです。

 

 

ぼく「じゃ、どうしたらモテるの?」

 

友達「別冊マーガレット読め」

 

 

ということで、読むことになったんです。

 

ようは、ぼくには、

経験が足らないので、疑似体験でもいいので、

女性が何をしたらときめくかを漫画で学べということでした。

 

少女漫画を全く読まなかったので、

読み切りもある別冊でちょうどいいと。

 

なるほど。なるほど。

 

いまや、すごく有名な雑誌で、

「君に届け」「アオハライド」「虹色デイズ」なんて、みんなしってるんじゃないでしょうか?

 

そして、読んでみたんです。

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

ん?

 

 

 

おー

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

むむむ

 

 

 

 

・・・

 

 

 

むぅ

 

 

 

 

 

・・・結論、

 

 

 

 

男が女性を理解することは、

難しいということがわかりました。

 

ただ、いろんなキュンとくるケースを勉強するのに

めっちゃ勉強になりました。

 

 

学んだことは、

 

目当ての女性を好きになる

 

ということでした。

 

 

そんなことかと思うかもしれませんが、

 

 

そしたら自然と、どうやったら喜ばれるかがでてくるみたいです。

 

 

ほんとかよ。

 

 

そして、赤っ恥ですが、

研究に研究を重ねた、大学時代のメモが出てきたので公開します。

 

 

・嫌がることをしない、否定しない

・どんな小さな話題も覚えておく

・初めて会った時に話したさりげない、彼女の好み等の情報を勉強しておく

・褒める、クサいセリフが言える

・外見より内面を褒める、でも外見もほめる

・好意がある場合は伝えておく

・その場の雰囲気を大事にする

・会計は、女性がトイレに行ったとき

・女の子はいつもお姫様がいい

・女の子の友達の人間関係を大事にする

・女の子の好みになる、ファッション、食事など

・女の子のアドバイスは聞く、実践する

・笑いをとる

・オーバーリアクション

・ちょっとヤキモチやく

・追いかけすぎない

・男が先に折れる

・怒らない

・一生懸命にやる。記念日とか

・ケーキのお土産とかいいかも

・第三者の褒め上手になる

・マメになる

 

 

どうです?

ぼくがんばってません?

 

 

もちろんタイプもあるでしょう。

こんな人好みじゃねーし。などいろんな意見もあるでしょう。

 

ぼくもそう思います。

 

 

そんな、思い通りにならないから、

努力までして、手に入れた時に価値があるんでしょうね。

 

 

 

ただ、一点気づいてしまったんです。

 

 

別冊マーガレットのキャラクター全員イケメンじゃん

 

 

どんまい。おれ。

 

あー、モテたい。

 

 

反響あれば、項目ごとに解説編やります。

そんな今日は、こんな曲を聴きながら。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い(鈴木このみぼっちver.)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い(鈴木このみぼっちver.)

  • 鈴木このみ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


記事がよかったら、ブックマークをぽちっ。
ランキングに参加してるので応援ボタンをポチッとしてもらえると、記事が面白くなるように頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング