日記

日々の日記を毎日更新しています。

おかあさんの想い出1

今週のお題「おかあさん」

 

どうも、富士山隊長です。

 

日曜日は、母の日でしたね。

母親に感謝を伝えた人も多いんじゃないでしょうか。

 

ちなみに、おかあさんで思い出すことは、高校生の反抗期の頃は、

ほとんど口を聞こうとしなかったことです。

 

 

なぜかわかりませんが、

 

 

「お風呂入ったの?」

 

とか

 

「ご飯どうするの?」

 

とか

 

「あれやったの?」

 

とか、人から指図されるのがいやだったのか、

まったく話を聞きませんでした。

 

おかあさんが嫌いというわけではなく、

 

なんとなくだったと思います。

 

そして、九州から東京に出てきたときに、

あまり仲良くなかったことを少し後悔していました。

 

東京に出ていくことは少し心配していたみたいで、

1人暮らしをする条件として、東京での寮生活を2年はするということでした。

 

東京に来てからしばらくは、

自分の住所と全く関係ない、場所で事件が起こっても、

 

大丈夫?

 

と心配してくれました。

 

そして、就職活動の時に、自己分析ということをやったんですが、

自分の長所や短所を考えた時に、

 

どう考えても、親の教育や性格が反映されていました。

 

それを考えた時に、今の自分を作ってくれたのは、

一生懸命関わってくれた親のおかげなんだなと感じて、

その場で電話を掛けました。

 

そして、親に伝えたのは、

 

産んでくれてありがとう。

 

となぜだか言いたくなったんです。

 

そして、親とちゃんと電話したのは3年ぶりで、

母親が涙を流していた気がします。

 

そこから、親と話す頻度が増えて、とても仲良くなった気がします。

 

一生懸命に関わってくれたことって、

時間が立っても心の中に残ってるものなんですね。

 

そこから、親を尊敬するようになり、

もっと1人1人を大事にしようと思うきっかけになりました。

 

今では、仕事から引退し、セカンドライフを楽しそうに送っています。

 

もちろん、母の日だけ母を大事にする人より、

日々そういうことを感じることができる大人になりたいですね。

 

今日は、そんなまじめな話。

 

 

母「こらこらこら!そんなまじめな話ばかりじゃつまらないわ!オチはどうしたのよ!何もなければ、母の日ってことで、母の秘ってことで、私の暴露話しちゃうわよ。」

 

ぼく「ひえー、それだけはおやめになって!毎日頑張ってブログを継続しますから!」

 

母「ハハッ!そうよ、どんなことがあってもくじけちゃダメ」

 

ぼく「くじけませんよ。男の子です」

 

 

f:id:taicho-fujiyama:20180515050752p:plain

木の枝が、茨ですね。

 

 

うーん・・・・ってか、一休さんのアニメ見てないとわからないな!!!!

 

 

 

 

そんな今日は、こんな曲を聴きながら。

ははうえさま

ははうえさま

  • 高橋洋子
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

今日も読んでいいただきありがとうございました。記事がよかったら、ブックマークをポチッ。
ランキングに参加してるので応援ボタンをポチッとしてもらえると、記事が面白くなるように頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング