日記

日々の日記を毎日更新しています。

文才なんてないんです

ブログを始めて、2週間ちょっと経ちましたが、

いろんな方がみてくださっていて、すごく嬉しいです。

 

どうしてこんな適当な文章にコメントしていただけるのか、

本当に不思議で、すごく優しい方々ばかりだなと感謝しています。

 

ただ、どうしてもいっておかなければいけないことがあって。

 

ご存知の通り、

ぼく、文才のかけらもないんですよ

 

他の方のブログを拝見すると、素晴らしい文章ばかりで、

すぐに目移りしてしまいます。

 

 

その証拠にですね、こんなエピソードがあるんです。

 

 

ぼくは、いわゆる大にいくために、

高校時代にセンター試験を受けたんですね。

 

 

そして、一番苦手な教科が「国語」なんです。

 

まず、本を一切読まないわけです。

あ、漫画以外ですね。

 

伊坂幸太郎だの、村上春樹だの、東野圭吾だの、

話題にもついていけなかったんです。

 

そんな中、ぼくがセンター試験を受けたとき、

国語は、マークシート方式、80分間、200点満点で試験をしていました。

 

国語が苦手なのはわかっていたので、

ぼくだけ国語の先生に補習で現代文を受ける始末。

 

それだけ頑張っておいてるさなか、

過去問を解いてみるわけです。

 

苦手だからこそ、たくさん勉強して、点数とってやると、

意気込んで受けた、国語のセンター試験の過去問。

 

 

まず、現代文。

 

ぼく「わかる、わかる~。この人は、こんな気持ちだったんだろうな~」

 

次に、古文。

 

ぼく「なりけり、そう過去のこと!」

 

最後に、漢文。

 

ぼく「レ点わかる~」

 

 

と意気揚々に解いていったんです。

 

そんなときって、答え合わせが楽しみですよね。

 

答えと照らし合わせてみると、

まず、漢字、ちょこっとあってたな。

 

あれ、現代文、ちがってる、

古文、違ってる、漢文、違ってる。

 

 

合計が、14点/200点

 

 

マークシートなのに、なんだこれ(笑)

 

まず、回答欄が違ったのかなと確認。

用紙の番号は大丈夫。

問題用紙が違う?大丈夫。

答えの年度等は?大丈夫。

 

 

解説読むと、ぼくがまったく違ってました。

 

f:id:taicho-fujiyama:20180208190441p:plain

 

ぼくは、その場で「人の気持ちなんてわかるかよ

と問題用紙投げ捨ててました。

 

 

そりゃそうですよね。

マークシートでこの点数なんて、

確率論超えてますから!

 

そこから、国語はもうだめですね。

そんなぼくの文章に付き合っていただいてる皆さん。

どうもありがとうございます。

 

末永く、ぼくの書きざまを見届けていただけたらと思います。

 

 

これだけ、国語が苦手なぼくが、ブログをかくんだから、

きっと来世は、小説家か国語の先生にちがいありません。

 

この文章も、数百年前のえらい人が前世に書いたものだと、

話題になるでしょう。

 

それでは、来世で、最高に文学にたけたぼくとお会いしましょう。

 

 

そんな今日は、こんな曲を聴きながら。

旅立ちの日に - YouTube

 

旅立ちの日に

旅立ちの日に

  • provided courtesy of iTunes

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング