日記

日々の日記を毎日更新しています。

初めての彼女

こんなウブでシャイなぼくの初彼女のはなし。

 

え、彼女なんていたの?だって?

意外と優しいところもあるんですよ。

 

高校2年生のころに友達の紹介で初めての彼女ができたわけです。

当時は、彼女が欲しい=エロいことしたい、の一心でした。

ぼくの高校時代は、サル真っ盛りでしたね。

 

そして、付き合ってみたはいいものの、どうしていいかわからないわけですよ。

 

できた彼女を、親に紹介するのも恥ずかしいじゃないですか?

 

付き合ってることを話すのも、ぼくは、男的なプライドと反抗期があって、

だれにも話さないおこちゃまだしね。

 

だから、やってやりました。秘密交際。

 

よくやってたのは、親が寝静まったころに、

彼女の家の近くに自転車で迎えに行くという荒行時です。

しかも毎日。

 

青春、ふー↑↑↑

 

だいたい、近くのレンタルショップに立ち寄って、

音楽や映画を借りて夜な夜な一緒にいることが多かったですね。

 

ただ、そんな平穏な毎日も続かないのがぼくです。

 

付き合ってることが、彼女の親にばれまして、

連れて来いと言われるわけです。

 

もう、ぼくは、おしっこちびりそうでした。

 

なぜって、お父さん、ヤクザでした。

もう人生終わりました。短い人生でした。

 

そして、彼女に

 

「そんなん言うなよーーーーー」

とキレまくりたいところですが、小心者のぼくは、

そんなことも言えないので、 心の中にとどめておきました。

 

もう、心の中は誹謗中傷の嵐ですよ。

かっこわるいですね。

 

そして、いい格好していなかければ!と、当時の高校の制服を着て、

ネクタイ締めて向かいました。

 

そして、彼女の家に着いたら、なんと

瓦屋根のめっちゃでっかい家。

思わず飛び跳ねました。

 

f:id:taicho-fujiyama:20180130114718p:plain

 

もう死にたいと思って、扉の向こうのお父さんに会いに行くのでした。

 

つづく

 

 そんな今日は、こんな曲を聴きながら

Salyu「LIBERTY」 - YouTube

 

LIBERTY

LIBERTY

  • provided courtesy of iTunes

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング