日記

日々の日記を毎日更新しています。

ディズニーオンアイス

雪を見ていてちょっと思い出した話があります。

小学校の頃の話です。

 

僕は、弟と2人兄弟で、両親はどちらも働きに出ている、

ごく普通の家族です。

 

そのため、母親が帰って来るまで、いつもおなかをすかせて帰りを待っていました。

 

弟は野球にはげみ、ぼくはゲームにはげみ、

そんな中、ふと外を見ました。

 

今日は、クリスマス。

 

そこで僕は思ったんです。

 

「クリスマスなのに雪が降ってないのはおかしい!」

 

もう、頭おかしいですね。

教育という名のの固定概念に騙されまくってます。

 

サンタさんがソリに乗って、煙突からプレゼント持ってくるレベルです。

まー、うちの実家は奇跡的に煙突があったので、それを信じていた僕です。

 

そんな気違いな僕は、雪を懇願し始めるわけですよ。

 

人は、願望が開くと何をするかわかりませんね。

 

僕がとった行動は、なんと、

家じゅうの綿をかき集めて、外にばらまき始めていました。

 

罪もない弟を誘ってですよ。

 

いやー、楽しかった。

 

ひたすら綿をちぎって、外にばらまく。

ひたすら綿をちぎって、外にばらまく。

ひたすら綿をちぎって、外にばらまく。

 

これを続けるわけです。

家にある綿で一番みつけたのは、のどぬーるの綿ですね。

f:id:taicho-fujiyama:20180126162531p:plain

もう、なんだかわかりませんね。

 

そして、準備ができたわけです。

人工の白銀の世界が。

 

そして、母親の帰りを楽しみに待つわけですよ。

僕の中では、ディズニー・オン・アイスつくってやったぜ的な満足感でしたね。

 

まだかな。あ、帰ってきた。

 

母親が乗ってきた車に近寄って、言うわけです。

 

「見て見て!雪だよ!」

 

母親の反応は、笑顔で「よかったね」と

嫌な感じ一つも出さずに喜んでくれてたことを覚えてますよ。

 

えー、なんでしょうね。自己中の塊でしたね。

 

 

ただ、一番気がかりなのは、

 

 

僕、片づけてないんですよね。

 

 

母って偉大ですね。

 

 

今日は、こんな曲を聴きながら、

B'z いつかのメリークリスマス - YouTube

 

いつかのメリークリスマス

いつかのメリークリスマス

  • B'z
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes